活用効果評価結果
                 
 近年の異常気象のもたらすさまざまな要因による予測困難な災害も多く発生しており、この傾向は、年急速にその速度を増しています。従来、急傾斜地や災害復旧工事において法面保護工を行う場合、不安定土塊の掘削撤去や法面整形工は人力や小型機械による不安定で危険な作業にて行われてきました。しかし、少子高齢化と若者の3K作業離れで建設業界における年齢層も高齢化しています。法面の人力掘削作業は危険で体力を有する作業のため、作業員の確保が困難です。1日の施工量も限られており工事期間も非常に長く必要です。本工法は、以上の問題を一挙に解決するために開発された工法です。本工法で使用する新型機械の開発においては、大手建設機械メーカーのコマツから基本ベースの機械を購入し、建設機械の整備・改良メーカー大手、マルマテクニカ株)と提携して、と作業性に優れた斜面掘削機スプリングチャレンジャー)に改造しました。






 
SSD工法とは  施工実績           お問合せ
SSD工法プロセスフロー  協会案内  マニュアル 
従来工法との比較  メディア掲載 パンフレットダウンロード 
特殊掘削機械スプリングチャレンジャー 
Copyright(c) 2012-  斜面安全掘削協会 All Rights Reserved.